勉強中に眠くなる原因とすぐにできる対処法で集中力アップ

勉強中に眠くなる原因で多いもの

勉強中にどうしても眠くなるのは、どんな原因が多いのでしょうか?

まず、多いのが「疲れ」でしょう。

運動系の部活をしていると、どんなに体力がある高校生でも疲れるものです。
練習時間が長いと、家に帰って勉強しようと思っていても、疲れてお風呂に入ってご飯を食べてすぐに寝てしまうという人も多いのです。
文化系の部活でも毎日練習があると疲れてしまいます。
このような人が勉強するには、隙間時間を活用するようにしてくださいね。

また、部活に入っていないのに勉強中に眠くなってしまうという人は「夜更かしをする癖」がついているのではないでしょうか。
毎日夜中まで起きているので、睡眠不足になっているのでしょう。
スマホやテレビ、マンガを遅い時間までみていませんか?
早く起きる習慣をつけて、夜更かしをする癖を直しましょうね。

勉強中に眠くなる原因は単調なことの繰り返しだから

勉強中に眠くなる原因は、疲れや夜更かしだけではありません。

原因は、単調な勉強をしているからという場合もあります。

この単調な勉強は、せっかく勉強をしようと思っていたやる気も失わせてしまうのです。勉強して理解しても、全然喜びにもならなく、刺激にもなりません。
勉強に対しての興味もこれではだんだんと失って、より単調な作業になるでしょう。

こんな場合はどうしたらいいのでしょうか。

それは、難しい問題の場合は何度も読んで、理解したら大きな声を出して喜びましょう。
そして15分ごとに肩を回したり、手をマッサージしたりするのもいいですよ。

とにかく、単調な勉強にならないようにメリハリを付ける事です。
刺激を与えて退屈しないようにしましょう。

勉強ができるお友達は、このようにして日々勉強をしているはずです!
あなたもぜひ試してみてください。

勉強中に眠くなる原因はこんな生活習慣が影響しているのかも

勉強中に眠くなる原因は、生活習慣が影響している場合もあります。

先程もお伝えしましたが、あなたは夜遅い時間までスマホやテレビ、マンガを見ていませんか?
夜更かしする癖がついて、睡眠不足になり勉強中に眠くなってしまうでしょう。

寝る前にスマホを触ると、エスプレッソコーヒー2杯分の覚醒作用があると言われている事を知っていますか?
暗い部屋でのスマホを見ていると、覚醒し、そして目への刺激も強くなります。
これは、視力が低下する原因にもなるので控えましょうね。

また、勉強中に眠くなる原因は、勉強は楽しくなくつまらまいものと思っているからです。だって、楽しいゲームやスポーツをしている最中に眠くはなりませんよね?

勉強中に眠くならないようにするには、勉強を楽しいものを感じられるように工夫する事です。頑張って工夫してみましょう!

勉強中、眠くなった時にすぐにできる対処法

勉強中にどうしても眠くなってしまった時に使える対処法について紹介します。

部屋で勉強しているならちょっと休憩する事もできますが、学校の授業中ならそんな事もできませんよね。まして怖い先生の授業の場合はなおさらです。

眠くなった時の対処法は、少しの間、息を止めてみる事です。
息を吐いてから、呼吸をちょっと苦しくなるまで止めてみましょう。

呼吸を止めると、脳が酸素を得ようとするので、息を吸うとすぐに脳に酸素が送り込まれます。これで眠気を覚ます事ができるのです。
大きく息を吸うだけでも脳に大量の酸素が流れるので、眠気を覚ます事ができますよ。

また、着ている服を調整し、体温を下げてみるという対処法もあります。
人間は体温が上がると自然に眠くなってきますよね。
制服なら難しいかもしれませんが、脱ぎ着しやすい服にしておき、少し寒いかなと感じるぐらいにするといいですよ。

海外では昼間に仮眠を取る習慣も

海外ではビジネスマンも昼寝をする習慣があることを知っていますか?

昼寝は脳を休ませることができます。しかし、寝すぎてしまうと脳が完全にスリープしてしまうので、15分以上寝ないようにしょう。

この1日15分ぐらいの昼寝をすることで、1日中パフォーマンスを持続できるのですが、あなたが昼寝した時と、昼寝をしていない時の勉強のどちらの方が効率がいいのか、よく見極めてみませんか?

昼寝をして脳を休ませてから勉強した方が効率が良い場合は、勉強の計画をする時に、昼寝の時間を入れると良いでしょう。

昼寝を取り入れて勉強の計画をする場合は、人間が一度に集中できる時間は90分と言われているので、90分勉強したら15分休憩し、また90分勉強するという感じでサイクルを作りましょう。
休憩時間は、脳が情報を整理する時間でもあり、記憶が定着しますよ。

休むのも仕事のうちって聞いた事がありませんか?
集中できない時間に無理に頑張って勉強をしようとしても効率が悪いので、上手く休憩時間をとりながら勉強を続けるようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です