社会の覚え方【歴史】とは?コツやポイントを紹介します

社会の歴史の覚え方はイメージできると覚えやすい

社会=暗記と行っても過言ではありません。知識が全てです。暗記の要素が重要になります。それが社会です。知識そのものが、得点に直結するため、5教科の中でも最も点数を上げやすい教科とも言えます。

テストでは、それを知っているか知らないかを問うているだけなのです。ですから、勉強の成果が出やすく、短時間でも得点を上げることができます。なんとなくでは駄目です。曖昧な知識では点には繋がりません。シッカリと正確に暗記することが必要になります。
特に歴史は、時系列で物事の事実を覚えて行かなければなりません。興味が湧かず、歴史が苦手だという人も多いでしょう。しかし、そこを打破して一度興味が湧けば、一気にもモノにすることができるのが歴史です。

歴史が苦手なら、まずは小学校の内容を振り返って見ましょう。中学校で習う殆どは、小学校の歴史を踏まえての内容です。ですから、小学生向けの簡単なテキストでざっくりと歴史を振り返るのも良いでしょう。

また、歴史の勉強に必要なのは、固有名詞や年代をしっかりと覚えることです。年代の覚え方としては、語呂合わせを利用すると良いでしょう。

時間がれば歴史漫画を読むのもお勧めです。一連の流れを摑むことができ、イメージも湧きやすくなります。そのことで脳裏の残ることも有るため、思い出しやすくなるでしょう。

社会の歴史の覚え方は英語と一緒?口に出して覚えよう

社会の歴史を勉強する際、暗記に悩む人もいるでしょう。実は社会の勉強はと英語の勉強は似ています。覚え方が大切になります。

歴史も英語も、覚えている事を長期記憶に変えていくことが必要になります。どれだけ、多くの事をしっかりと正確に覚えているかどうかが重要になるのです。英語であれば、フレーズや英単語をどれだけイメージして覚えているのかどうかにかかってきます。

あなたは暗記をする際、どのようにして勉強していますか。
目で見て、紙に書いて覚えているというのが現状なのでは無いでしょうか。勿論、これはアウトプットという意味では有効ですが、長期記憶となれば別です。

長期記憶にもって行くためには、五感をフル活用することが大切です。そのうちの一つ、声に出して話す、読むという方法は長期記憶に適しています。英語では、話すということが最も効率の良いアウトプット方法と言われています。

読むことで耳から取り入れ、そして脳でしっかりと考えることが出来れば、長期記憶に変わって行きます。覚えた事は、再びノートに書き出し、問題としてあとで解いてみましょう。

何年に何が起こったのか、誰が起こしたのか、主要人物は誰なのか、何故それが起こったのか。答えを組み立てながら声に出して話してみましょう。効率的に、深い知識が見についてくるはずです。

社会の歴史の覚え方は時間をかけずにするといい

社会の歴史の覚え方としては、単に時間をかければ良いというわけではありません。
いかに効率よく、時間をかけずに正確に覚えていくかということが重要なのです。
定期テストで、もし良い点を取りたいのであれば、学校のワークをとにかくやりましょう。定期テストは、学校のワークからそのまま出ることが殆どです。

このワークを使い、長期記憶に変えて行く方法、得点に繋がる方法を踏まえて勉強する事です。
ただ単にワークをやったとしても、点数がいまいち伸びず、悩むこともあるでしょう。真面目にワークをやっても点は伸びません。真面目すぎるのが行けないのです。勿論、真面目に勉強することは良いことですが、点を伸ばすためにはワークの使い方が重要になrます

歴史の問題がわからない場合、自力で答えようと教科書や資料を使って調べて答えを埋めてはいませんか。そんなことでは時間がかかり、テスト範囲の勉強が全て終わらない可能性があります。

必要なのは、暗記です。自力で解くことではありません。わからないのであれば、始めから解答を横におき、答えを見ながら解きましょう。ただ丸写しするのではありません。一度ちらっと考える事です。

そして、答えを埋めたら、何度も読んだり、壁にコピーして貼るなどして、すっぽりとそのまま暗記して下さい。即答できるまで暗記します。その後に、もう一度ワークを解き直しましょう。書き込む練習をしてください。それだけで、時間をかけずに高得点が狙えるはずです。

社会の歴史を覚えるためにまとめるのはNG

社会の歴史の覚え方として、よく綺麗にまとめノートを作る人がいますが、これは時間の無駄です。まとめであれば、既に授業中のノートで出来上がっているはずです。教科書やワークでも、まとめのページがあります。教科書自体、まとめの大御所資料とも言うべきものなのです。

まとめた物を見たいというのであれば、ワークなどを利用して、上手に暗記するほうが効率が良いというものです。暗記の際には、記述問題を覚えるのが有効です。記述問題を覚えることで、時代背景、重要語句をしっかりと理解することともできます。

資料があれば、その資料な何の出来事と関わりがあるのかというのも正確に暗記するべきでしょう。資料は教科書に載っています。テストの内容は、教科書が全てとも言えます。基本がなくては点には繋がりません。教科書を一度しっかりと読み、資料と出来事を結びつけて置きましょう。

年号も出来事の順番に覚えて置きましょう。起こった順に並べるという問題が出題されることもあります。

社会の歴史の授業を暗記の場所に使いましょう

社会の歴史の覚え方としては、授業を暗記の場所として使うことは非常に有効です。
よく、教科書をカラフルなマーカーなどで見やすくしたり、綺麗にノートをとる人がいますが、それは単に、時間の無駄です。

ノートを取ることに集中しすぎて授業が頭に入っていない人に見られるのは、このパターンの人ではないでしょうか。ですから、ノートを綺麗に取ったとしても、テストの高得点に繋がることは殆どないのです。

授業の受け方、ノートの取り方のポイントとしては、誰が何をしたのかを箇条書きに書いていくことです。
理解して、そして後で思い出すことができれば、それだけで良いのです。ノートとはそういうものです。できれば、授業の5分前に教科書をさらっと一読して置くことをお勧めします。
始まる前に読んでおけば、授業中に先生が話す内容と繋がり、理解が深まってきます。ノートを取ることだけに気を取られずに済むため、頭に入りやすくなります。

上手に勉強することは、社会の歴史の成績を上げる上で重要です。暗記をいかに上手にするかが勝負です。
普段の学習だけでなく、授業中など効率よく勉強できるように工夫しましょう。きっと、次のテストでは好成績が狙えるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です