赤ちゃんに目にカメラのフラッシュは影響するのか調べてみました

赤ちゃんの目にカメラのフラッシュは影響するのでしょうか

赤ちゃんをフラッシュで撮影することは頻繁でなければ大丈夫なようです。
しかし、赤ちゃんのことを思うと頻繁にフラッシュ撮影をするのは避けたほうがよいのかもしれません。
必ずしも悪影響がないとは言い切れないのです。

なぜなら、赤ちゃんのその時の体調によっては気分が悪くなって泣いてしまうことも考えられます。

目のストレスが脳に伝達されたり、突然フラッシュをたかれることで恐怖を感じる場合も考えられるのです。

もし赤ちゃんがフラッシュ撮影を嫌がる場合はむやみに撮影するのを避けたほうが好ましいでしょう。

可愛くて写真に収めたい気持ちはわかりますが、赤ちゃんの嫌がることはしてしまっては意味がありません。

写真を撮るときはフラッシュをたく必要がない明るい場所で写真をとるようにするなどの工夫をしてあげましょう。

赤ちゃんのカメラ撮影。 一般的な写真撮影のフラッシュは

赤ちゃんをカメラ撮影をする際に、フラッシュを使って撮影するのは頻繁でなければ大丈夫とお伝えしました。

なぜなら、ストロボ光は強いですが持続時間はごく短時間の為、1回や2回のフラッシュ撮影を擦る分にはそこまで赤ちゃんには影響しません。

しかし生まれたばかり赤ちゃんの目はまだデリケートです。
目の膜も未発達であり、フラッシュ光の残像が残って気分が悪くなってしまう場合も考えられます。

大人でもフラッシュ光の残像が残ることもありますので、赤ちゃんの場合だとより気を使って撮影してあげるべきでしょう。

むやみやたらにフラッシュをたいてカメラ撮影を行うと赤ちゃんの目がチカチカして泣き出してしまうかもしれません。

大人でもいやな気持ちになる様な事を赤ちゃんにもさせないように、撮影する場合は工夫して撮影するようにしてあげてくださいね。

生まれたばかりの赤ちゃんに近くでカメラのフラッシュを当ててしまいました

生まれたばかりの赤ちゃんにカメラのフラッシュを当ててしまった場合、目に影響を与えないか非常に不安になりますよね。
赤ちゃんはデリケートなため心配されるのもよくわかります。

しかもカメラのフラッシュを使おうと思っていなかったのにオートモードで勝手にフラッシュがついてしまうとひやっとしてしまうでしょう。

赤ちゃんはきっとフラッシュの光にびっくりしてまぶしそうな顔をしたり、気分が悪くなって泣いてしまうこともあるかもしれません。

しかし、一回のカメラのフラッシュ程度でしたら光は一瞬で消えますので、のちのちまで目に障害が残ることはないので安心してください。

しかし、何度もフラッシュをたいて赤ちゃんを撮影すると赤ちゃんの未発達な目には眩しくてチカチカしてしまいますし、必ずしも悪影響がないとは言い切れないため控えるようにしてくださいね。

カメラのフラッシュは大丈夫?赤ちゃんの視力は

新生児から生後一ヶ月の赤ちゃんはまだ視力があまりなく、はっきり物を見ることができません。
視力は大体0.02~0.03だといわれています。

しかし、物をはっきり見ることができなくても光の明暗はもうわかっています。
その為、赤ちゃんの顔の近くでフラッシュをたいてカメラ撮影をすると目が眩しいと感じて眩しい顔をするのです。

特に、赤ちゃんはまだ目が未発達な分明るさに強く反応しやすく、大人よりもカメラのフラッシュの光を強く感じてしまうでしょう。

その為、赤ちゃんの体調によっては具合が悪くなっていまったり、目がチカチカして恐怖心やストレスを感じて泣き出してしまうこともあるのです。

赤ちゃんは成長するにつれて目の視力が発達し、4歳くらいで視力が1.0にもなります。

目の発達する期間に目に悪影響を与えるようなことはなるべくなら避けたほうがよいでしょう。

その為、むやみやたらにフラッシュを使ってカメラ撮影をするのは控えたほうがよいといえます。

赤ちゃんの撮影にオススメなカメラの機能とは

赤ちゃんを撮影する際にはお勧めなカメラ機能をお伝えします。
キレイに取れることももちろんですが、赤ちゃんの気持ちを考えたカメラ撮影を心がけていきましょう。

まず、高感度に強いカメラを選びましょう。

暗い所でもきれいに映る様なカメラを選ぶことが大切です。
暗い中フラッシュをたいて赤ちゃんを撮影すると赤ちゃんがフラッシュ光の眩しさにびっくりしてストレスを感じてしまいます。

その後のカメラ撮影をする際に表情も硬くなってしまいますし、あまりよい写真が撮れなくなってしまうかもしれません。

その為、暗いところでもきれいに取れる高感度に強いカメラがお勧めです。

そして無音で撮影できるカメラを選びましょう。

フラッシュの光だけでなく、カメラをとるときのシャッター音も赤ちゃんにとってはストレスに感じてしまうかもしれません。

まだ視力が発達していないため、その分音に敏感に反応してしまうことがあります。

無音で撮影できるカメラを使えば、赤ちゃんが寝ている時も起こさないで写真を撮ることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です