髪の毛が早く伸びる方法をご紹介!早く伸ばしたいあなた必見!

髪の毛が早く伸びる方法。まずは髪の毛の元になる栄養を摂ろう!

「髪は女の命」という程大切なものですよね。
髪を早く伸ばす方法として、食事という作業はとても大切になってきます。
みなさんの身近な食べ物でも髪にはとても重要な栄養源が多いので参考までに少し紹介します。

そもそも髪の主成分であるタンパク質は最も身近にあるものとして、みなさんがよく口にしています。

大きくあげますと、卵。
卵は世界的にみても、日本は一日の摂取量がとても多いことでよく知られています。
朝ごはんには目玉焼き。昼ごはんのお弁当には卵焼き。夜ごはんには煮玉子。などいろいろな調理方法がありとても摂取しやすいことで有名ですね。

そして、牛乳。
牛乳はみなさんが子供の頃から飲み親しんでいるカルシウムをとるのには欠かせない乳製品ですね。
こちらも摂取方法としては、そのまま飲むことは勿論としてクリームシチューやパンケーキなどにも使用されてます。

代表的なタンパク質として最後をかざるのは肉製品。
こちらも朝から夜まで摂取方法は様々に取り入れることが可能ですね。
ハムやソーセージやハンバーグ等焼くだけ煮るだけで簡単に摂取できます。

そして、そのタンパク質を作るのに必要な亜鉛(アーモンド・レバー等)、髪の成長を左右するイソフラボン(大豆等)、こちらの栄養素は特に大切とされています。

髪の毛が早く伸びる方法。正しい洗髪で頭皮の清潔を保つ。そしてツボ

清潔でいることもとても重要です。
よく、「一日髪を洗わなかったら頭皮が痒くなってきた」という話しを耳にしたことがあると思います。
これは、時間が経つにつれ頭皮の毛穴から脂がでてくることが原因とされています。

洗髪方法にも問題点はいくつかあります。
爪を立ててゴシゴシ洗ってしまうと、頭皮が傷つきデキモノができることによって髪が抜け落ちたり髪の伸び具合にも影響がでてきます。
あとは、洗髪時のお湯の管理です。
熱いお風呂が好きだから~と体を洗う熱い温度のお湯で髪を洗ってしまうと頭皮は乾燥し毛穴に悪影響をおよぼします。
洗髪時は、ぬるめのお湯で爪ではなく指先で優しく隅々まできれいにすすぐことおすすめします。
あとは、血行促進のツボマッサージもおすすめです。
美容室で髪を切ってもらう時シャンプーの後に軽く頭~首~肩にかけてをマッサージされた経験はありませんか。
眠たくなるほど気持ち良いものですが、リラックスできると同時に血行促進にとても効果があるとされています。

髪の毛が早く伸びる方法を実践しながら切りすぎた髪をアレンジして過ごそう

上記の方法を試しつつ、切りすぎてしまった髪を上手にアレンジしていきましょう。

まず1つ目に、前髪を短く切りすぎて外にも出たくない!と思ってる方へ代表的なヘアーアレンジ方法をお伝えしたいと思います。

女性の方・・・前髪をクルンと後ろに巻いてピンでとめる。左右どちらからでも三つ編みを編み込んでいって耳の後ろでとめる。

男性の方・・・前髪にワックスをつけ後ろへながす。前髪にワックスをつけ横にセットする。

次は後ろ髪のヘアーアレンジをご紹介します。

女性の方・・・(ショート)ワックスを使って指で髪を一部分つまみクルクルとまき、癖をつける。(ロング)コテをつかいクルクルまき最後はハードスプレーをかけてセットする。

男性の方・・・ワックスで前から後ろへ流し後ろは真ん中あたりでクシャクシャとあとをつけ、上部は上の方にむけ癖をつける。

10年~20年程前は、女性ではロングのソバージュ、男性では真ん中分け、といったアレンジというより髪の分け目や長さが流行りだった気がします。
昨今、髪のアレンジ方法もとても多くなり様々なヘアースタイルをされてる方々をよく見かけます。アレンジ方法が増え髪を伸ばすという事に楽しみが増えたようにも思います。

髪の毛が伸びるメカニズムとは

少し難しいお話しになってしまいますが、毛母細胞が増殖や分化を繰り返すことで髪の毛は伸びるのです。

この速度は、1日に0.3~0.4㍉程度の速さで伸びるといわれていますが、実際にはまだまだ謎な事が多く、育毛剤を大量にかけたからといって翌日10㌢髪が伸びているわけでもなく、タンパク質を主として栄養源をたくさんとったからといって伸びるわけでもないのです。

女性の場合、毎日「ポニーテール」にしていると髪が引っ張られるので伸びるのが早いというお話しを聞いたことがあると思います。
こちらも確信的な事は何もなく、あくまでも諸説あるなかの1つにすぎないのです。
ただ、髪の伸びが悪い時に引っ張られることによって毛細血管を刺激し髪に栄養や酸素がながれ髪の伸びる速度を上げることは考えられます。

髪の毛の99%がケラチンというタンパク質でできていることもあり、そうみるとほとんどがタンパク質なのです。
やはり、タンパク質はとても重要な栄養素ですね。

髪の毛の伸びを送らせてしまうこととは

そして、髪の伸びる速度を遅くする生活習慣が他にもあります。

例として何点か紹介します。

喫煙
これは、体のどの部分に対しても良いとされることがないからわかるかと思います。
タバコの中のニコチンやタールは血管を収縮させるので発毛、育毛に障害をもたらせ髪の質にも悪影響を起こします。

睡眠不足
人間の体は、寝ている時にたくさんのエネルギーを消費し改善をはかりまた翌日につなげます。
睡眠はとても大切な作業ですので、成人の方は少なくても6時間以上睡眠をとるよう心がけてほしいものです。

心身のストレス
こちらは、目に見えないものだからこそ一番恐ろしく上記の睡眠にも影響を及ぼします。どうすればストレスがかからないかは、いまだ解明できていませんが、なによりもリラックスできる環境作りがとても大切とされています。

「髪を伸ばす」という作業1つで、健康にも繋がる傾向にありますので、是非チャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です